FPEC(エフペック)は国内唯一のプラント防災コンサルティング会社です

プラント防災コンサルティング

※上のタイトル(青色のバー)をクリックしてください。

  • 製油所、化学プラント、倉庫などの設計・操作・管理に関するセーフティレビュー
  • 消防申請サポート、リスク評価による精緻な防爆エリア設定と対策
  • 管轄消防等への事故後の対応サポート
  • 危険物の漏洩・蒸発・拡散・爆発・火災のリスクと影響評価
  • 当社、独自のPCプログラムによるシミュレーションや数値解析
  • グローバルな社内安全基準の作成

プラント防災シミュレーション

※上のタイトル(青色のバー)をクリックしてください。

  • 危険物の漏洩・漏洩の広がり・蒸発・ガス拡散・臭気拡散
  • 危険物の漏洩火災・タンク火災・ボイルオーバー
  • 危険物の爆発(VCE・BLEVE)・ファイアボール・フラッシュファイア
  • 消火泡、消火用水の放射シミュレーション等を駆使した警防計画

プラント防災システム設計

※上のタイトル(青色のバー)をクリックしてください。

  • 製油所、化学プラント、倉庫などの消火設備システム
  • 消火ポンプ・消火用水管網
  • 火災・煙・ガス検知警報システム
  • 電気・空気・窒素などのバックアップシステム

特殊防災機器

※上のタイトル(青色のバー)をクリックしてください。

  • 大口径/高圧特殊ホースおよびホース回収装置
  • ホースを使用した油輸送システム
  • ホースを使用した燃料自動補給装置
  • レーザー式消火器訓練装置
  • 災害訓練シミュレーター(ADMS)

相次ぐ水道管の破損(2021年10月8日)

昨日10月7日に、関東地方で最大震度5強の地震が発生しました。10月8日12:00現在、インターネットの情報によると、首都圏で水道管破損に伴う漏水が26箇所、千葉県市原市で養老川水管橋の破損が発生しています。今回の地震では、断水報告はありませんが、さらに強い地震に見舞われた場合、被害範囲がさらに広域化するとともに、断水に至ることも想定されます。

先日の和歌山市の水道橋崩落事故では、水道橋自体の老朽化が指摘され、同様の水道橋が全国に約5千箇所あるとの報道もあります。水道橋自体のメンテナンスや更新が求められますが、それと同時に、被害が発生した場合であっても給水を継続するための体制を整備しておくことも必要です。

10月5日に弊社のトピックス「大口径ホースを活用した水道管の早期復旧について(2021年10月5日)」でお伝えしている通り、水道管の早期復旧対策として、大口径ホース「スーパーアクアダクトホース」(最大300mmΦ)を提案しております。きわめて短時間で敷設でき、早期に復旧することが可能です。
・使用実績はこちら
・ホースの仕様はこちら

この数日の間に、思いもよらぬ形ではありますが、日本の社会インフラの弱さが顕在化していると捉えることができると思います。弊社からの大口径ホースの提案が、災害時に社会インフラである水道の機能が維持され、被災した方々の安全・安心にお役立ちできることを望んでいます。

最新ニュースリスト