無償FMビューワーダウンロード

無償FMビューワーおよびシミュレーション結果サンプルは本ページよりダウンロードが可能です。 
事前準備、インストールから起動までの手順は以下の通りです。

インストール手順


・事前準備

「AutoCAD」と 「AutoCAD 用 Microsoft VBA モジュール」のインストール

FMビューワーのインストール前に、「AutoCAD」と 「AutoCAD 用 Microsoft VBA モジュール」をインストールします。
すでにインストールされている場合は不要です。
AutoCADをお持ちでない方は、新規購入いただくか、30日間体験版をご利用ください。

AutoCAD購入ページはこちら

AutoCADの30日間体験版はこちら

(注)上記のリンクからAutoCADのダウンロードページに飛ぶと、「ファイルの表示だけが必要な場合、ソフトウェアを
   ダウンロードする必要はありません。」との表示が出ますが、FMビューワーの動作にはAutoCAD本体が必要と
   なりますので、そのままダウンロードにお進みください。

AutoCAD 用 Microsoft VBA モジュール(無償)のダウンロードはこちら


・FMビューワー インストール

ダウンロード

最初に無償FMビューワーを こちらからダウンロードしてください。

(注)Google Chromeでダウンロードすると、「FMビューワー.zipは一般的にダウンロードされているファイルではなく、
   危害を及ぼす可能性があります。」と警告が出ますが、ファイル自体に問題はございません。
   警告の右端のハット「^」をクリックし、「継続」を選択すれば、ダウンロードできます。


インストール

(1)FMビューワー(Zipファイル)を解凍すると、FireMarshalフォルダおよびFPECOUTフォルダが含まれております。

(2)この2つのフォルダを、まるごとCドライブ直下にコピーします。


(3)AutoCADのサポートファイルの検索パスに、「C:\FireMarshal」を追加します。

→AutoCADを起動し、画面下のコマンド欄に options と半角で入力後、Enterを押します。


→オプションページが現れますので、「ファイル」タブを選択し、サポートファイルの検索パスに、C:¥FireMarshalを追加します。
(下記、赤枠を参照)



・シミュレーション結果サンプル ダウンロード

シミュレーション結果サンプルは、下表のファイル名をクリックしてダウンロードしてください。
なお、サンプルはシミュレーション用途に応じたものをご使用ください。

シミュレーション結果
サンプルファイル

シミュレーション
対象火災

FMビューワーで使用する
シミュレーションプログラム

備考

PLANT_FWH(Jp).dwg

プロセスエリア(ポンプヤード)における漏洩火災

  • 輻射熱計算シミュレーション
  • 泡放射シミュレーション
  • 水放射シミュレーション
  • タンク火災消火シミュレーションはできません。

TANK_FWHF(Jp).dwg

(1)原油タンクT-211の全面火災

(2)軽油タンク防油堤内漏洩火災

(1)原油タンクT-211の全面火災

  • タンク火災消火シミュレーション
  • 水放射シミュレーション

(2)軽油タンク防油堤内プール火災

  • 輻射熱計算シミュレーション
  • 泡放射シミュレーション
  • 水放射シミュレーション
  • タンク火災消火シミュレーションでは、泡放射砲と消火対象タンクの関連付けが必要です。
  • タンク火災消火シミュレーションに対応しているのはタンク火災のみです。漏洩火災では使用できません。
  • 輻射熱計算シミュレーションは、タンク火災および漏洩火災に対応しています。

 

・FMビューワー起動手順

起動手順

(1)シミュレーション結果サンプルファイルをダブルクリック

(2)AutoCAD自動起動

(注)自動起動中に以下のメッセージが複数回表示されることがありますが、「常にロード」を選択してください。

 

(3)続いてFMビューワー(コントロールパネル)自動起動

(4)画面指示に従い操作

コントロールパネルは、基本的に操作する順番に従って、ボタンが配列されています。
また、ボタン上にカーソルを合わせると、Control Tip Textが表示され、操作方法が確認できます。

FMビューワー操作上の留意点

コントロールパネルの再表示


ESCによる解除

3Dマップ画面操作を行うと、コントロールパネルが画面上から消えます。

一通り操作を終え、コントロールパネルに戻る場合、キーボードのEscを押せば、コントロールパネルが再び表示されます。

また、間違ってクリックした際なども、Escキーを押すことで、最後に表示されていたコントロールパネルが表示されます。

3Dマップ画面操作を選択すると、コントロールパネル非表示

Escを押すと、コントロールパネル再表示

 

複数選択後のEnter入力

シミュレーション対象の放射砲を複数選択する場合など、複数選択画面になると、コントロールパネルが画面上から消えます。
以下の例は、タンク火災消火シミュレーションを行うために、大容量泡放射砲を2基選択している状況です。
この後Enterを押すと、シミュレーションが実行されます。

実行完了後、再びコントロールパネルが表示されます。

 

【複数選択画面】 大容量泡放射砲を2基選択中。コントロールパネル非表示。

 

【シミュレーション完了画面】 複数選択後、Enter入力。シミュレーション実行完了後、コントロールパネル再表示。



・放射砲について

泡放射砲、水放射砲、大容量泡放射砲は、シミュレーション結果サンプルに以下のように表示されます。 また、放射砲を選択すると色が変わります。
なお、放射砲の選択は、ノズル部ではなく、胴体部をクリックしてください。

  泡放射砲  水放射砲  大容量泡放射砲 
通常時       
選択中       

 

FMビューワー動作確認

FMビューワーの動作環境は、AutoCAD2022(最新バージョン)の動作環境があれば問題ありません。

AutoCADの動作環境はこちらをご確認ください。